医師(スタッフ)紹介
現在、医師8名、パートナー59名です。(平成24年1月現在)
 
アクセスマップ
熊本県宇城市松橋町浦川内824-8
 
完全予約制です
ほとんど待つことが無く治療を受けられます。
 
徳治会グループ紹介
医)徳治会吉永歯科医院は訪問診療

長野歯科 松下歯科 徳治会訪問診療部 NPO法人介護の輪
   総合治療  CT診断
yosinaga-.jpg

 


産経新聞に福岡歯科大学の特集記事が掲載されました
作者 ebata   
2012/09/08 土曜日 16:07:50 JST

9月1日(土)から9月7日(金)まで7日間連続で

産経新聞(沖縄を除く九州・山口版) 福岡歯科大学の特集記事が掲載されました。

 

 

 

   福岡歯科大学HPトップからも閲覧できます

   http://www.fdcnet.ac.jp/col/index.html

 

 (クリックしますと拡大します)  
20120901-250.jpg 

 2012年9月1日(土)掲載

① 口腔医療センター

 20120902-250.jpg  2012年9月2日(日)掲載

② 教育課程

 20120903-250.jpg  2012年9月3日(月)掲載

③ 臨床実習

 20120904-250.jpg  2012年9月4日(火)掲載

④ 医科歯科総合病院

 20120905-250.jpg  2012年9月5日(水)掲載

⑤ 高齢化対応

 20120906-250.jpg  2012年9月6日(木)掲載

⑥ 生涯研修

 

写真にメインで

当院で勤務していた後藤浩平先生登場!

知識・技術の向上に励んでいるようすです

 20120907-250.jpg  2012年9月7日(金)掲載

⑦ 先端研究

   

 

教育・研究・診療を中心に福岡歯科大学の特徴的な取り組みが紹介されています。

吉永歯科医院は、院長の母校である福岡歯科大学と病診連携して、

予知性の高い診療につとめてまいります。

 

最終更新日 ( 2012/09/08 土曜日 17:03:35 JST )
 
KIM熊本13
作者 ebata   
2012/08/02 木曜日 15:01:12 JST

8月1日(水)、スタディグループKIMの第13回熊本部会が行われました。

毎月きっちり行われていましたが、5月の10回から先月の12回まで、3回もこちらのHPでは報告いたしませんでした。

申し訳ありません。どうぞご了承ください。

   
 20120801-1-250.jpg

堀先生発表中

20120801-2-250.jpg  
 20120801-3-250.jpg  
   

2012年9月2日(日)、泉ガーデンコンファレンスセンター(六本木)にて、

第3回 KIM 2012 Annual Meeting 

が「咬み合わせが示す、歯科治療の成果」と題して、開催されますので、

そこで発表されます堀洋一先生と三村彰吾先生の予演会でした。

また、SJCDインターナショナル用である川口孝先生の予演もありました。

今回ビデオで確認させていただきましたが、 

堀先生の「4インチ球面説の手法」と

三村先生の「 Funktionally Discluded Occulision の10項目の基本」は難しいので(笑)、

川口先生の「オールセラミック」(個人的になじみ深くもあるもので)の精度に関するお話をご紹介します。

演題 「CEREC SW4.0によるインプラント上部オールセラミッククラウンの作成」

川口先生は、CERECを設置されていて、

       CEREC (e-Max CAD)

              http://www.dental-plaza.com/article/metalfree/m06-cerec/index.html

    光学印象カメラを備えたイメージングユニットにより、

口腔内の修復する歯牙をデジタル3D化し コンピューター上で設計した補綴物をミリングユニットで、

数分間で形成します。

インプラント上部補綴物をどのように作成しているかを、教えていただきました。

当院では導入されていないので、とても興味深かったです。ハイテクでした。

川口先生のお話ですと、現在曲げ強度(Mpa)をテストした中で、

e-Maxはもっとも堅牢なセラミックシステムである、ということでした。

       Mpa(曲げ強度)

                 歯科材料の硬度はピッカース高度(HV)で見ることが多い。

                 一方、セラミックと焼結させる材料は、金属と同様に曲げ強度(Mpa)での表記がされている。

                 曲げ強度が高いと表面の硬さがあり、しなやかで負荷を吸収する作用があるといえる。

発表後、装着後におこりうるリペアーに対する対策や硬すぎることによるインプラント体への影響など、

白熱した論議がなされました。

 

オールセラミックの歴史は浅く、パパッと調べましたので、

ここでオールセラミックについてお話しましょう。

オールセラミックとは、金属を使用しないで、すべてがセラミックの歯冠修復法です。

おおまかにシリカベースセラミック(ガラス材)と、金属酸化物系セラミック(ジルコニア・アルミナ)に分かれます。

金属を使用しないので、白い歯をつくることができて、

歯ぐきの境目が変色しない、審美性、生体親和性に優れた材料です。

セラミックにも様々な種類があり、従来は、長石質、リューサイト、陶土等からなる 陶材セラミックが、

歯科における主流でした。 その後、様々なセラミックが研究され、

ニケイ酸リチウム結晶や、リューサイト結晶、

アパタイト結晶によるガラスセラミックが、歯科材料として採用されるようになりました。

1990年代に入り、より強度が高いアルミナ・セラミックが開発され、そして

2002年セラミックの中でも最高の強度と靭性を誇るジルコニア・セラミックが実用化されました。

日本でも2005年に認可され、国内でのジルコニア治療が可能になりました。

当院では、治療する箇所や補う箇所の形状、噛み合わせの力、対合する歯の状態など、

オールセラミックに適しているか複合的に判断して、患者様に提供しています。

 

次回は、第3回 KIM 2012 Annual Meeting のもようを報告いたします。

 

 

 

過去のKIM関連ニュース

(第3回 KIM 2012 Annual Meeting

http://www.yoshinaga-dc.net/pc/index.php?option=com_content&task=view&id=535&Itemid=104

(KIM熊本9)

http://www.yoshinaga-dc.net/pc/index.php?option=com_content&task=view&id=531&Itemid=104

(KIM熊本8)

http://www.yoshinaga-dc.net/pc/index.php?option=com_content&task=view&id=521&Itemid=104

(KIM熊本7) 

http://www.yoshinaga-dc.net/pc/index.php?option=com_content&task=view&id=513&Itemid=104

(KIM熊本6・桑田先生をお迎えして)

http://www.yoshinaga-dc.net/pc/index.php?option=com_content&task=view&id=491&Itemid=104

(KIM熊本5) 

http://www.yoshinaga-dc.net/pc/index.php?option=com_content&task=view&id=486&Itemid=104

(KIM熊本3)

http://www.yoshinaga-dc.net/pc/index.php?option=com_content&task=view&id=466&Itemid=104

(KIM熊本) 

http://www.yoshinaga-dc.net/pc/index.php?option=com_content&task=view&id=425&Itemid=104 

(KIM発足)

http://www.yoshinaga-dc.net/pc/index.php?option=com_content&task=view&id=352&Itemid=104

(KIM総会に参加して)

http://www.yoshinaga-dc.net/pc/index.php?option=com_content&task=view&id=360&Itemid=104

(「KIM」が発足 日本歯科新聞 平成22年10月12日掲載)

http://www.yoshinaga-dc.net/pc/index.php?option=com_content&task=view&id=352&Itemid=104

最終更新日 ( 2012/09/27 木曜日 17:22:44 JST )
 
8月のお休みのお知らせ
作者 ebata   
2012/07/30 月曜日 18:24:22 JST

つづけての休診のお知らせで大変申し訳ありませんが、

下記の通りお盆休みの為休診させていただきます。


ご理解ご協力のほど宜しくお願い致します


8月13日(月)~8月15日(水)

8月16日(木)より通常通りの診療となります。

当院の休診の間に救急が生じました場合、

八代歯科医師会口腔保険センター

所在地 熊本県八代市上野町3591-14

電話番号 0965-31-8020

http://www.yda8020.com/cgi/yda.cgi?form=holiday

で受診いただきますように

お願いいたします。

午前10時~午後4時

 

 
200.png 
 

 

最終更新日 ( 2012/07/30 月曜日 18:24:49 JST )
 
8月から水曜日を休診いたします
作者 ebata   
2012/07/30 月曜日 18:15:11 JST

 2012年(平成24年)8月より水曜日休診させていただくこととなりました。

誠にご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご協力の程よろしくお願いいたします。

 

 

 
250.png
 

 

最終更新日 ( 2012/07/30 月曜日 18:17:56 JST )
 
福岡学園広報誌 July 2012 New Sophia 75号 vol.20-3 城戸教授インタビュー
作者 ebata   
2012/07/30 月曜日 12:24:03 JST

福岡歯科大学 咬合修復講座 口腔インプラント学分野 城戸寛史教授は、

吉永院長と、兄弟の契りを交わしておられるという噂です。

しかし、写真撮るときに、院長が肩に手をかけたり、手に触れたり、ボディタッチを試みると

かなり強固にいやがられるそうです。

そういうとき院長は、一抹の寂しさを感じてます。

昨年、前松浦正朗教授が初代福岡歯科大学口腔医療センター長に就任され、

 

  福岡歯科大学口腔医療センター  http://www.fdcnet.ac.jp/cod/

 

城戸准教授が昇任され、めでたく教授になられました。

お祝いの会の開催が、院長の奈良の稲田整形外科の入院と重なってしまい、

駆けつけることができなかったことを、院長はとても残念がっておりました。

城戸教授も寂しかったことでしょう。

さて、 そんな関係の城戸教授ですが、

福岡学園広報誌 July 2012 New Sophia 75号 vol.20-3 (最新号) に

城戸教授インタビューが掲載されておりましたので、紹介いたします。

   
20120730-1-250.jpg 

20120730-2-250.jpg

 ( ↑ 拡大します)

20120730-4-250.jpg

 20120730-3-250.jpg  
   

大学のホームページにもインタビューロングバージョン (動画付き) がありますので、

あわせてご覧ください。

  http://www.fdcnet.ac.jp/col/interview/29.html

少しふっくらなさって、貫禄が出てこられておりました。

物腰がやわらかで、懐の大きな先生です。 

 

過去の城戸先生関連ニュース

  2009年8月22日、カナダ、バンクーバーにて

  http://www.yoshinaga-dc.net/pc/index.php?option=com_content&task=view&id=261&Itemid=104

   
 20120730-6-250.jpg

手が触れ合っているようですが、

実際触れているのか不明です たぶん… 

   

 

最終更新日 ( 2012/07/30 月曜日 18:27:45 JST )
 
東洋医学で健康づくり(21) 口腔と臓腑・経絡の関係3 肝
作者 ebata   
2012/07/24 火曜日 13:03:50 JST
7月23日(月)、第21回王暁東先生の東洋医学の勉強会がありました。 

まず当院から王先生へ患者様を紹介していますので、

その方々たちの経過報告からはじまりました。

おひとりご紹介します。

お口の中に違和感があるということで当院来院された患者様ですが、

味覚障害があり、心配性。

不眠でやる気なく、ひざ・腰の痛みなどがありました。

1回目に

64番 炙甘草 (心臓を力強くするお薬)

    + 

17番 五苓散 (胃腸に効く、利尿作用のお薬) を2週間分処方

薬切れたまま時は流れ、1ヵ月後の2回目でしたが、

食欲も出てきて、排尿の力増。

口中不快感も消退。

気持ちも楽になりました。

まだ、膝の痛みと脱力感はある、ということで、

36番 木防己湯 (ひざの痛みに効く)

    + 

107番 牛車腎気丸 (心臓・腎臓強くする、ムクミとるお薬) を3週間分処方

まずは、ここは改善しなければならないという重大なところから手当てして、

すぐ次に、本人が不便に思う部分へアプローチしていく形が、

ご本人も結果が見えて、満足していただるようです。

王先生は、聴き上手で、いろいろ話を聞いてくださいます。

そういうところも安心感につながっているように思います。

 
20120723-250.jpg 
 

東洋医学による口腔疾患診療 三浦於蠹監修 福島厚・王旭著 医歯薬出版

http://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=442440

をテキストにしてから、今回4回目。

 

(3)口腔と臓腑との関係・口腔と肝について

 

①肝の生理

 

  疏泄(そせつ) … 通じながら散らす

               木に喩えられる 自由に成長して、抑えつけられることを嫌う

   ・気機を調整する

      気機とは気の昇降出入の運動を意味し、人体の臓腑・経絡・器官の基本的な機能を総括

      肝はこの気機を調整して、全身の気を順調にめぐらせる。

      この機能が失調すると、気機の鬱血となり、胸苦しい・胸協部の膨満感や

      不快感・肝胆経絡上の疼痛・溜息が多い、といった症状があらわれる。

   ・情動を調節する

      肝の疏泄作用が正常であれば、情緒がのびのびとして感情は安定する。

      ストレスで疏泄機能が失調すると、精神活動に抑制(落ち込む・うつ)と

      興奮(怒り爆発)の症状が起こる。

   ・脾の消化機能を調整する

      脾胃の消化機能ー密接ー肝の疏泄機能

      疏泄機能が正常であれば、脾胃の気機を疏通して、運化機能が順調に働く。

      肝は胆汁の分泌や排泄を調整する。

      疏泄機能が失調すると、ゲップ・胃もたれ・腹痛・腹が脹るという症状が起こる。

  蔵血(ぞうけつ)  … 血液を貯蔵し、血液の分布を調整する働きをする

      人体の活動時には、貯蔵している血を必要とする臓腑・器官に補給してその機能を支え、

      安静時には、余分な血を戻して解毒している。

      眠らない人は、血に毒素貯まる訳。

      蔵血機能が失調して肝血が不足すると、筋肉のけいれん・知覚マヒ・目の渇きや

      疲労などの症状が起こる。

      眼力働かせると肝臓もよくなる。

      人が過度に怒って喀血や吐血するのは、疏泄機能が上昇し、蔵血機能が低下したためである。

 

②口腔と肝の関係

 

古書の中に以下の記述があります。 

「素問」経脈篇第十 「厥陰(けついん)は肝脈なり、肝は筋の合なり、

             筋は陰気に集まり、その脈は舌本に絡(まと)うなり」

厥(けつ)とは、陰陽の気のどちらかが多くなりすぎた場合を厥(けつ)といいます。

そして、厥陰とは、一番症状が重い状態のことを言います。

 

1 疏泄機能の失調

    肝の疏泄機能が失調すると怒る(イライラ)や落ち込みやすい(憂鬱)などの

    情緒の不安が引き起こされる

    日本は先進国で豊か 飲酒やストレスにより鬱病多い  … 我慢しないで、誰かに話して発散しましょう

    ストレス 言わない → ため込む → 気滞・於血

    扁平苔癬や再発性口内炎は精神的因子とされているため、肝を治療することでよくなる

    気の鬱血から生じる気滞・於血・痰湿などの二次的病理産物は、

    嚢胞や腫瘤を引き起こす原因になる

2 蔵血機能の失調

    肝の蔵血機能が失調すると各種の出血性病変が発症 → 口腔内においても舌や歯肉から出血

    気火が余剰して陰血が不足し、血虚による風が生じ燥をうみやすい

    口腔乾燥・落屑(らくせつ・皮膚が角質化してはがれること)・

    血虚生風(筋脈が栄養されず、感覚が鈍くなる)による口の歪み・舌の硬直など

3 肝は目に開竅する

    シェーグレン症候群やベーチェット病のように眼と口腔に症状が起きる疾患は、肝と関係する

4 肝と胆は表裏の関係

    肝気が鬱血すると胆汁の排泄に影響して口が苦く感じる

    肝胆の湿熱が経絡に沿って上へ撹乱すると口腔粘膜に潰瘍や縻爛が生じる 

 
(4)口腔と臓腑との関係・口腔と腎 も途中まで学びましたが、

わかりやすいように、次回(8月27日)分にまわします。

 

前回の王先生の勉強会

東洋医学で健康づくり(20) 口腔と臓腑・経絡の関係2 脾

http://www.yoshinaga-dc.net/pc/index.php?option=com_content&task=view&id=549&Itemid=104

 

最終更新日 ( 2012/09/14 金曜日 18:53:17 JST )
 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ > 最後 >>

結果 57 - 63 of 274