医師(スタッフ)紹介
現在、医師8名、パートナー59名です。(平成24年1月現在)
 
アクセスマップ
熊本県宇城市松橋町浦川内824-8
 
完全予約制です
ほとんど待つことが無く治療を受けられます。
 
徳治会グループ紹介
医)徳治会吉永歯科医院は訪問診療

長野歯科 松下歯科 徳治会訪問診療部 NPO法人介護の輪
   総合治療  CT診断
yosinaga-.jpg

 


吉永恵理佳先生紹介(熊歯会報 March2015)
作者 ebata   
2015/03/23 月曜日 09:25:14 JST

吉永恵理佳先生が熊本県歯科医師会会員になりましたので

会報にニューフェイスとして紹介がありました。

   
kumashihyousi200.jpg   drerika250.jpg
   
 erika200.jpg  

勤続2年目の期待の新星です! 

恵理佳先生はちっちゃくて華奢で

食べたくなっちゃうくらいかわいいのですが、

傍で体感しますと芯のしっかりとした大物感が

そこはかとなく漂ってまいります。

恵理佳先生が外来診療しておりますのは木曜日と金曜日です。

どうぞお楽しみにご来院ください。 

 

最終更新日 ( 2015/03/23 月曜日 09:42:39 JST )
 
パーフェクト
作者 ebata   
2014/12/01 月曜日 16:23:09 JST

院長はひなみ塾「英語A」

http://www.hinami.org/juku/eigo-a/

の受講生です。

塾では「おさむさん」と呼ばれています。

このたび、チーム全訳でパーフェクトを達成した!とうれしそうに画像がメールで送られてきました。

みなさまにお披露目します。

201411hinami-280.jpg 

海外に留学予定の強力メンバーと大先輩のおかげと自負しつつ

ちゃっかり真ん中キープなさっておりますね。

こういう積み重ねにて英語力がついてくると、海外でのプレゼンでも大いに役立ち

趣味がほとんど仕事でそれ以外は映画鑑賞の院長にとって、至福の喜びになるのではないか、と思います。

院長先生、おめでとうございました!

 

 

最終更新日 ( 2014/12/01 月曜日 16:34:18 JST )
 
生物学的支台歯形成
作者 ebata   
2014/11/29 土曜日 15:09:31 JST

平成26年11月23・24日の両日、京都北山で診療されている茂野啓示先生が来熊くださり

(北山茂野歯科医院 http://www.shigeno-d.com/index.htm )  

プレパレーション(支台歯形成)の講義をおこなってくださいました。

   
2014112324-14.jpg   2014112324-12.jpg
 

 

かなり以前に、熊本県歯科医師会館で私も講演を聞いたことがあります。

まつ毛が長くて眼光鋭く、冷静を装いつつ燃える信念をお持ちであり、

その奥深く緻密な治療に感嘆したことを覚えています。 

一流の先生に直に触れ、パートナーは多くのことを学び、

明らかに前日までの診療の在り方との違いがみられることでしょう。

 

 (笑顔の写真を選んでみました)        (下の写真のみクリックすると拡大します)
2014112324-13.jpg   2014112324-11.jpg
 2014112324-09.jpg  2014112324-10.jpg
 2014112324-07.jpg  2014112324-08.jpg

 
2014112324-05.jpg
 
2014112324-04.jpg
 2014112324-03.jpg  2014112324-02.jpg
 2014112324-01.jpg  2014112324-06.jpg
 (左) 川畑歯科技工士 (右) 牛島先生 (左)牛島先生 (中)茂野先生 (右)院長

 

今回お呼びがかからなかったので(笑)

参加しました右Vサインの牛島瑛久(あきひさ)先生にレポート依頼しました。

 

『11月23(日)、24(月)日の2日間で京都府開業の茂野啓示先生が当院にいらっしゃり、若手歯科医師、衛生士向けに講義・実習をしてくださいました。

茂野啓示先生は国内でもトップクラスの技術をお持ちの、まさにプロ中のプロです。

テーマは「生物学的支台歯形成」ということで支台歯形成に関する内容だったのですが、茂野先生のお話は非常にロジカルで理解しやすい内容でした。今まで「なんとなく」で済ませていたものを「なぜそうなるのか」という目線で捉えることがいかに大事か、よくわかりました。

また、模型を使用した実習では、茂野先生が実際にデモを行ってくださり、それを元に私たちが練習を行いました。1日目の夜は夕食を食べた後も練習を再開するという異例の実習でした。茂野先生も付き合ってくださり感謝感激です!

理事長もおっしゃっていましたが、一流の人が考えていることは大変シンプルです。大切な項目をいくつか教えていただいただけで支台歯形成に対する考え方・技術が格段に上達しました。この知識・技術を明日からの臨床に活かしていきたいと思います。

茂野先生、本当にありがとうございました!(歯科医師 牛島瑛久)

 

 

 

最終更新日 ( 2014/11/29 土曜日 17:46:42 JST )
 
8月のお休みのお知らせ
作者 ebata   
2014/08/12 火曜日 11:37:29 JST

下記の通り、明日よりお盆休みの為休診させていただきます。


ご理解ご協力のほど宜しくお願い致します
。 

8月13日(水)~8月15日(金) 

8月16日(土)より通常通りの診療となります。 

当院の休診の間に救急が生じました場合、

八代歯科医師会口腔保険センター

所在地 熊本県八代市上野町3591-14

電話番号 0965-31-8020

http://www.yda8020.com/cgi/yda.cgi?form=holiday

日・祝日の午前10時から午後4時 

 

伊東歯科口腔病院 

所在地  熊本県熊本市子飼本町4-14

電話番号 096-343-0377

http://www.itoh-dh.or.jp

365日24時間体制 

 

 事前にお電話で確認の後、受診いただきますように

お願いいたします。

 

 



200.png  

最終更新日 ( 2014/08/18 月曜日 11:10:51 JST )
 
追悼 小河晶之先生
作者 ebata   
2014/06/28 土曜日 10:44:59 JST

6月19日、福岡天神で開業されていた小河歯科医院院長小河晶之先生が45歳という若さで亡くなられました。

       
20140628-2-240.jpg   20140628-3.jpg    
 20140628-5.jpg  20140628-4.jpg    

 

 

小河先生は、大学卒業後平成9年から12年の間当院で勤務されておりました。

その後も勉強会などで遭遇すると、ちょっと照れながらも気兼ねなく話しかけて下さり 

とりとめのない話をしたものです。   

最近では、長期的に移植が成功した症例を探している際、

小河先生が担当していた女の子の資料が見つからなかったので

もしかしたら先生が持っていないかしら、と電話しました。 

随分前のことなので、覚えていますか?と訊ねたら、

「覚えているよ~、◯◯ちゃん元気にしているのかなぁ」と抜群にさわやかなお声でした。

これが最後になってしまって…

その後口腔内写真は見つかりましたよ。

小河先生とお話できたので、一時探せなかったことはよかったことなのだ、と思ってます。

先生が吉永歯科で移植した生活歯が、いまだ口腔内で現存し、機能していることをお知らせできたので。

「豪放磊落」という言葉がピッタリで、見た目は石原裕次郎バリのタフガイでしたが

そこからは想像できないほど、人懐っこいおちゃめな人柄でした。

大学時代に長浜ラーメンに心酔。修行して、本業のように活躍されていたことや

(よく歯科業界へ戻って来られましたね)

熊本でもおいしいラーメン屋さんを開拓して、ごちそうしてくれましたね。

レースで走る仕様のエアコンのついてないスカイライン(燃費リッター4Km)で

ネズミ捕りにひっかかり、そのときちょうど携帯電話に出た時でスピード落ちていたため、

免停逃れて安堵したことなど

(電話をとりかけの写真を見せられ、こっぴどく叱られた話)

いろいろ武勇伝が思い出されて…

どうしてこんなに早く逝ってしまわれたのか

まだまだ生きて、為すべきことがあったはずです。  

残念で仕方ありません。 

心よりご冥福をお祈りいたします。

   
20140618-1-240.jpg 

15年前当時の

パートナー紹介の写真の抜粋

(みんな若いです) 

開業した小河先生のほか

いまだ吉永歯科

現役で働いています 

   

 

 

最終更新日 ( 2014/07/14 月曜日 15:40:28 JST )
 
安全管理対策について
作者 ebata   
2014/06/26 木曜日 19:09:19 JST

おひさしぶりです。

長々潜伏しておりました。

 

先だって読売新聞にて、歯を削る医療機器が滅菌せず使い回されている問題が報道されました。

   
20140628-1-240.jpg   
 平成26年5月18日読売新聞朝刊1面(拡大します)  
   

今回は後手を踏みませんでしたが

これからも歯科界と世間の隔たりを認識し、さまざまな目線からの厳しい意見に耳を傾け

早急に対応できるようにつとめてまいります。

当院外来診療部において行っている医療安全管理対策について

先日の第27回QM活動発表会で報告がありました。

歯を削るタービン・コントラは今までも患者さまおひとりごとに滅菌しておりましたが

パッキングしておりませんでしたので、

「確実に滅菌されているんだよ」と患者さまが確認できて

見てわかるように改善いたしました。

   
20140627-2-240.jpg   
   

滅菌された機器は「滅菌パック」 という袋に入っていたり、

紫外線で清潔な状態を保つ装置に保管されています。

それ以外は、滅菌されていないとみなされます。 

ハンドピースの取り換えを届けている歯科

院内感染防止対策促進協議会のサイト

http://kansenboushi.com/

に掲載されていますので、ご参考ください。 

 

歯牙にかぶせる補綴修復物は、小さくて誤飲させやすく

取り扱いには十分気をつけなければなりません。

今までも誤飲防止策として発案されたものがありますが、

   
20140627-3-240.png   
   

バージョンアップされたニューフェイスをご紹介します。

   
 20140627-4-240.jpg

 オールセラミック

(単冠のかぶせもの)へ対応

 20140627-5-240.jpg

メタルボンド(単冠のかぶせもの)

仮のセメントで様子をみる場合 

 

 

   

安心・安全な医療を行うための環境づくり

スタンダードプリコーション

(感染症の有無を問わず、全ての患者を対象に、

 またどのような場合においても実施する基本的な感染症対策である) 

を確立するために、問題点に向き合い、改善してまいります。

   
 20140627-6-240.jpg  
 20140627-7-240.jpg  
 20140627-8-240.jpg  

待合室のポスターです。(拡大します)

ご心配やご不安がおありの場合、お気軽にスタッフにご相談ください。 

徹底を求める。また、歯科医療機関への指導・助言にあたる都道府県にも指針の内容を改めて伝える方針だ  

最終更新日 ( 2014/06/30 月曜日 17:18:23 JST )
 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ > 最後 >>

結果 22 - 28 of 276