職場風土改革の取り組みについて(追記あり) PDF プリント メール
作者 Administrator   
2009/09/05 土曜日 14:57:35 JST

 

 

 徳治会では、平成21年8月に、財団法人21世紀職業財団熊本事務所長より『職場風土改革促進事業実施事業主』の指定を受けました。

 安心して働ける企業環境構築を目指し、社員が仕事と子育てを両立しながら、その能力を十分に発揮できるよう、環境を整備するとともに、社員全員が制度を利用しやすい職場環境づくりに取り組んでまいります。

                                  ~計画期間 平成2191日~平成23831日の2年間~

 

 

2年目の取組み
1:男性の育児参加に向けたアンケート調査を行い、実態調査と問題点の把握を行う
2: 職場風土改革促進事業2年目の新たな取組みを社外においてはホームページに掲載、 社内においては休憩室や医局に掲示するとともに、イントラネットにて公表する
3:「ワークライフバランスの実践」と題し、外部講師を招き管理職層への研修 を行う
4: 当法人の仕事と育児の両立支援する各制度で育児・介護休業法の改正分と新たに取り入れた部分を修正し、再配布し周知する
5: 小学校就学前の子の看護のための休暇制度の利用として、半日又は1日単位での子の看護休暇を取得できること就業規則に入れ、その旨をパートナーに周知する
6: 育児休業可能期間内で3日間(連続の必要はない)の範囲内で取得し、かつ 期間の延長を行わない場合については有給とする旨を就業規則に入れ、その旨をパートナーに周知する
7: 男性のパートナーが育児参加しやすい環境づくりの一環として、当法人において男性の育児参加計画書を作成し、全パートナーに周知する
                                                                          平成22年8月1日

医療法人社団 徳治会

理事長  吉永 修

 

ファミリー・フレンドリー企業診断の結果が出ました。

総得点205点/415点 平均点136点

5175企業中779位

順位は、サイト開設時(2004年3月)から診断日(2011年1月27日)までに診断された企業の中での順位です。

1両立支援(休業)

                  70点/100点  平均点42点 

                  5175企業中461位

2両立支援(勤務時間短縮等)

                  15点/80点  平均点21点

                  5175企業中2791位

3利用状況

                  25点/100点  平均点18縁

                  5175企業中1168位

4環境づくり

                  55点/55点 平均点23点

           5175企業中堂々1位

 

5人事労務管理

                  40点/80点 平均点33点

                  5175企業中1176位

 

でした。

 

総合コメントとして、

育児・介護に限らず、従業員が職業生活と家庭生活を両立できるよう、企業は多様な働き方の実現に向けた選択肢を増やし、雇用環境を整備することが期待されます。

休業制度を中心に取組が進んでいますが、今後は勤務時間短縮など働きながら育児や介護ができる制度の整備に力を注ぎ、利用促進に向けてその周知に努めましょう。さらに従業員の多様なニーズに応える人事労務管理を整えるこっとによって、従業員がで職業生活と家庭生活とを両立できるようになるでしょう。

 

とありました。

 

両立できる環境づくりも整ってきました。

出産・育児で利用するパートナーがありましたが、

介護のほうは、まだその時期ではないようです。

転ばぬ先の杖として、いずれ活用されていくことになることでしょう。

ありがたいことだと思います。 (H23.4.13.)

最終更新日 ( 2011/04/13 水曜日 17:02:09 JST )
 
< 前へ   次へ >